バリキャリの意味とは

スポンサーリンク

バリキャリの意味

バリキャリとは、「バリバリ働くキャリアウーマンのこと」です。

仕事に情熱を傾けている女性のことを言います。

彼女たちは、仕事こそ自己実現の手段であると考えており、プライベートの充実よりも仕事の成果やキャリアアップを優先したいという価値観のもとで働いています。

バリキャリは「昇進したい」や「資格を生かしたい」など、野心を持って働いている人の事を指す言葉です。

そのため、いくら「バリバリ働いてる女性」とはいっても「ブラック企業などに勤めていて嫌々バリバリ働いている(働かざるを得ない)女性」はバリキャリとは呼ばれません。

バリキャリの歴史

バリキャリの女性は、1985年に施行された「男女雇用機会均等法」によって増えていきました。

女性が社会進出を始めた当時は育児休暇などの制度が整っていなかったため、女性は出産か仕事かを選ばなければいけなかったのです。

2000年代に入ってから育休などの制度は整いましたが、現在でもバリキャリと家庭の両立は難しいようです。

反対の言葉(対義語)

バリキャリの対義語は「ゆるキャリ」です。

ゆるキャリとは、「仕事第一ではなく、プライベートとのバランスを見てマイペースに働くこと」です。

仕事と家庭や趣味、交友関係のバランスを上手くとって「ほどほどに働きたい」という考え方を指します。

ゆるキャリは、エッセイストの葉石かおりさんが、ゆるやかなキャリアの女性を肯定的に表現した言葉ですが、一方で「家事や育児を理由に、低パフォーマンスに甘んじるやる気の感じられない働き方」という批判的な意味で使われるともあります。

使い方(用例)

バリキャリは婚活市場で需要がないってホント……?

バリキャリの先輩にあこがれている新入社員は多い。

・母親はバリキャリだったけど、すごくよく育ててくれたなぁとしみじみ思う。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする