バーゲンの意味とは

スポンサーリンク

バーゲンの意味

バーゲンとは、「特売品、掘り出し品」のことです。

カタカナ語としては特売品販売を意味する「バーゲンセール」を略して使われることが多いですね。

夏や冬など季節の変わり目や、新年などに行われる「大売出しの催しのこと」を言います。

在庫商品を値下げして売り出す「クリアランスセール」や、特売セールイベントもバーゲンに含まれます。

バーゲンには色々な呼び方がある!

バーゲンは「セール」「バザール」と呼ばれることもあり、イベントや企業ごとに言い回しに違いがあります。

たとえば、マルイは「スパークリングセール」、ルミネは「チェックザバーゲン」、パルコは「グランバザール」などです。

このようにバーゲンに個別の名前を付けることで、消費者がバーゲンとデパートを紐づけて認識できるようにするために工夫がされています。

使い方(用例)

・新年のバーゲンは109に行こうと思う。

バーゲンセールでの女性の変貌ぶりは怖いよな。

・狙ってたワンピースだけど、バーゲンでも1万円するのか……。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする