アワードの意味とは

スポンサーリンク

アワードの意味

アワードとは、「大勢の中から選ばれて与えられる賞のこと」です。

英語本来の発音により近い言い方で、「アウォード」と書かれることもあります。

たくさんの応募の中から、審査員がすぐれた作品を選んで与える賞のことです。

たとえば、写真コンテストやキャッチコピーの公募などでもらえるようなものですね。

また、「〇〇アワード」と大会の名前として使われることもあり、有名なものだと、「アカデミー賞(Academy awards)」や「芥川賞(Akutagawa Award)」などが挙げられます。

「プライズ」との違いは?

英語で賞を表す言葉はアワードのほかに「プライズ(prize)」がありますが、この二つは、「贈られる理由」に違いがあります。

先に述べましたが、アワードは「選ばれて贈られる賞」です。

一方のプライズは、「競争して勝ち取る賞」のことを指します。

つまり、スポーツの大会で優勝した時や、コンテストでほかの人と競争してグランプリを取った時などにもらえる賞を意味するんですね。

ちなみに、ノーベル賞は英語で「ノーベル・プライズ(Nobel prize)」と言います。

使い方(用例)

・声優アワードで主演女優賞をいただけたことは誇りです。

・この俳優は権威あるアワードを受賞したことで一躍有名になった。

・彼は今年のヤング・アーティスト・アワードを狙っている。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする