アテレコの意味とは

スポンサーリンク

アテレコの意味

アテレコとは、「海外のドラマや映画などの吹き替えのこと」です。

既に撮影された作品の演技に、セリフを後から「当てて録音(レコーディング)」することを略した言い方です。

最近は声優以外にも、人気俳優たちが吹き替えを担当して話題になることも多いですよね。

また、アテレコとほとんど同じ意味で「アフレコ(アフター・レコーディングの略)」ということもあります。

なお、映像が完成する前にレコーディングすることを「プレスコ(プレ・スコアリング)」と言います。

アニメの制作現場などではレコーディングに映像が間に合わず、アフレコだった予定がプレスコになることもしばしばあり、声優には柔軟な対応が求められるのだそうです。

「アテレコ」と「アフレコ」はどう使い分けるの?

アテレコは海外作品の吹き替え、アフレコはアニメ作品など映像が先に出来上がっているものに後から声を当てるというように使い分けられていました。

しかし、最近は「アフレコ」で統一されてきています。

ちなみに、海外でアテレコ(アフレコ)は「リボイシング」と言い、俳優がスケジュールの都合で参加できない場合や、俳優の声だけの演技力が乏しいときなどに行われます。

使い方(用例)

・人気女優が映画のアテレコに初挑戦した。

・公開アテレコでは緊張したのか、ミスする姿が目立っていた。

アテレコでの演技と舞台の演技では求められるものが全然違う。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする