アシストの意味とは

スポンサーリンク

アシストの意味

アシストとは、「手伝うこと」という意味の言葉です。

さまざまな場面でいろいろな使われ方をしますが、ほとんどが「補助する」という意味で使われる言葉です。

サッカーの試合で、「〇〇選手のアシストによって得点が決まった」と言っているのを聞いたことがある人も多いと思います。

このようにスポーツでアシストが使われる場合は、「得点につながったパス」や「そのパスを出した選手」のことを指します。

サッカー以外に、アイスホッケーなどでもよく使われます。

また、電動自転車のことを「電動アシスト自転車」と言ったりしますが、これは「モーターによって走行を補助する自転車」という意味になります。

アシストは動詞!

アシストは動詞なので、「アシストをする」と言うと間違いになってしまうので注意しましょう。

正しくは、「アシストする」です。

また、「アシストする人=手伝う人」のことは「アシスタント」と言います。

使い方(用例)

・長友選手のアシスト、見事でしたね。

・彼、業務で行き詰ってるみたいだからアシストしてあげて。

・電動アシスト自転車を買ってから、自転車に乗るのが楽しい。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする