アセスメントの意味とは

スポンサーリンク

アセスメントの意味

アセスメントとは「査定・評価・事前評価」のことです。

日常的にはあまり使いませんが、ビジネスや介護分野などで使われています。

カタカナ語としては「事前の評価」を意味することが多いですね。

たとえば、

  • 土地開発などがどれくらい環境に影響するかを査定・評価すること……環境アセスメント
  • どういったリスク(危険)があるかを査定・評価すること……リスクアセスメント
  • 企業などで、人材を適切に配置するために人物を事前評価すること……人材アセスメント

などのように、「〇〇アセスメント」という言葉は結構たくさんあります。

介護におけるアセスメント

介護の分野では「利用者の問題の分析から、どんな援助をするのかを決めるまでの、援助活動の前に行われる一連の手続きのこと」をアセスメントと呼びます。

これまでどんなふうに生活をして、どんな経緯をたどって今に至っているのかという事前の情報収集のことですね。

要介護者が抱える問題を整理し、どうやって生活の向上につなげるかを考える大切な行為で、アセスメントを職員が共有することでより質の高い統一されたケアができるようになります。

使い方(用例)

・事故を受けて、古い建物のアセスメントに乗り出した。

・土地開発前の環境アセスメントを請け負う企業。

アセスメントを意識した介護で、ケアの向上を目指す。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする