あしからずの意味とは

スポンサーリンク

あしからずの意味

あしからずとは、「気を悪くしないでくださいね」という意味の言葉です。

相手の希望や意向に沿えず申し訳ないという気持ちを伝える言葉です。

イベントなどが中止になったり予定が変更になったり、何かを断るときなどに使います。

「悪意があって断っているわけではないから、悪い意味でとらえないで」という気遣いが込められています。

目上の人には使っていいの?

ビジネスシーンや目上の人には、使うのをためらう人もいるかもしれません。

あしからずは相手に申し訳ないという気持ちを伝える言葉ですから使っても問題ないんです。

しかし、「あしからず」と言うと「私は悪くないから文句を言うな」と言われたと感じ、突っぱねられているように受け取る人もいるので、注意が必要です。

「あしからずご承知おきください」や「あしからずご了承下さい」というとより丁寧になります。

目上の人や上司に使う際には、あしからずよりも「申し訳ありませんが」などと言い換えたほうが誤解が少ないかもしれませんね。

使い方(用例)

・結婚式の二次会には参加できませんが、あしからず

・時間によって完売の可能性がありますが、あしからずご了承ください。

・返事を書くのを忘れていたわけではないのであしからず

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする