アーティストの意味とは

アーティストの意味

アーティストとは、「芸術家のこと」です。

アーチストと書くこともあります。

芸術分野のプロの事を指し、中でも絵画や彫刻などを仕事とする「美術家」について言うことが多いです。

他にも小説家や詩人、ダンサーなどもアーティストに含まれます。

美術家としての意味合いが強い言葉ですが、「職人として作品を作る者」という意味全般で使われる言葉ですね。

「アーティスト」と「ミュージシャン」の違いは?

日本では、歌手やバンドなど音楽を仕事にしている人のこともアーティストと呼びますよね。

アーティストは、表舞台に立つ歌手や演奏者を美化・神化した言い方です。

しかしこれは日本でだけの使い方で、海外で歌手は「ミュージシャン」と呼ばれています。

ミュージシャンは歌手や演奏者以外に、音楽関係者のことも指し、作曲家や音楽プロデューサーも含みます。

日本では、製作者などをミュージシャンと呼ぶことはありませんが、歌手としての「アーティスト」と「ミュージシャン」は特に使い分けられていません。

また、音楽をやっている人の肩書は「シンガーソングライター」や「ボーカリスト」などさまざまで、歌手自身あるいは事務所が選んでいるようです。

使い方(用例)

・私が一番尊敬しているアーティストは、草間彌生だ。

アーティスト修行のために、彼はパリへと渡った。

・人気アーティストの最新アルバムの売れ行きが好調のようだ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク