アプライの意味とは

スポンサーリンク

アプライの意味

アプライとは、「応募すること、志願すること」という意味の言葉です。

一般的には、応募書類などを提出することを言います。

日本ではビジネス用語として使われることが多く、「求人を出している企業に応募すること」や、「部署異動に志願すること」という意味で使われます。

海外では会社だけでなく、願書を受け付けている学校などに対して使うこともあるそうです。

ビジネスで使われることが増えてきたとはいえ、まだ伝わりにくい言葉ではあると思うので、「応募する」と日本語で言ったほうが無難かもしれませんね。

アプライにはいろいろな意味がある。

「応募すること」という意味で使われることが多いアプライですが、「応用する」や「専念する」という意味で使われることもあります。

アプライの語源はラテン語の「~に加わる」という意味の言葉です。

ここから、「~に当てる」という意味に転じて、「何を当てるのか」によって意味が変わっていくようになりました。

また、英語ではルールや割引などを「適用する」という意味で使われることも多いですが、日本ではほとんどその意味では使われません。

使い方(用例)

・結構いろんな企業にアプライしたけど、返事は3か所しかもらえなかった。

アプライするための資格取得が間に合わなかった。

・奨学金にアプライした。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする