アプリケーションの意味とは

アプリケーションの意味

アプリケーションとは、「パソコンやスマートフォン上にダウンロードして利用するソフトウェアのこと」です。

基本的には「写真を加工する」「文書などのデータを作成する」「だれかと連絡を取る」など、何らかの動作をするためのソフトのことです。

「アプリ」と略されて使われることが多く、スマホ時代の現代はあらゆる用途のアプリケーションが日々開発されています。

英語本来の意味は、「適用」「応用」という意味で、「やりたい作業に適用するもの」と考えるとわかりやすいでしょう。

また、スマホが普及する前のPCのアプリケーションのことは「応用ソフトウェア」と呼ぶことが一般的でした。

現在は、パソコンにインストールするものは「ソフト」、スマホにインストールするものは「アプリ」と使い分けることが多いです。

アプリケーションはOSに合わせて!

アプリケーションはそのOSごとに開発されます。

OSとは、アプリを動作させるための基本ソフトのことで、パソコンならWindowsやMacなど、スマートフォンならアンドロイドやiOSなどを指します。

つまり、アンドロイド向けに作られたアプリがiOSでは使えないということもあるということです。

アプリをインストーするときには自分のOSにあっているかをきちんと調べてからにしましょう。

使い方(用例)

・新しくリリースされたアプリケーションは爆発的に流行した。

・文書を作成するためのアプリケーションをインストールする。

アプリケーションのアップデートをしたら不具合が起きた。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク