アピアランスの意味とは

スポンサーリンク

アピアランスの意味

アピアランスとは「外観、容姿のこと」「出演、出席」です。

コンピュータやファッション、医療の現場など様々な分野で使われています。

カタカナ語として使われる場合はほとんどが「見た目」を意味します。

多くの分野で使われている言葉とは言え、まだまだ伝わりづらい言葉ですから普段は「見た目、ルックス」や「出演」と言ったほうが会話はスムーズに進むでしょう。

アピアランスを含む言葉

たとえば、がんの治療によって、髪が抜けるなどした見た目のケアをすることを「アピアランス・ケア」と言います。

これは、単純に美しくするだけでなく、その人らしさを引き出そうとサポートすることです。

また、アピアランスには「出演」や「出場」という意味もあります。

カタカナ語としてはあまり使わない意味ですが、出演料のことを「アピアランス・マネー」ということがあると覚えておくといいかもしれません。

それ以外にも、パソコンのMacでは、ウィンドウの外観やスクロールバーを変更するコントロールパネルのことをアピアランスと呼びます。

使い方(用例)

アピアランス・ケアに取り組む彼女はとても前向きで素敵だ。

・社会人としてアピアランスは大切にしたいポイントだ。

・人気俳優のアピアランス・マネーの実情を聞いて驚いた。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする