アングラの意味とは

スポンサーリンク

アングラの意味

アングラとは、「お金儲けのためではなく、何かを主張するために行われる前衛的な芸術やその作品のこと」です。

地面の下、つまり地下を意味する「アンダーグラウンド」を略した言葉です。

ここから、地下運動などを通じて広がった文化・芸術活動を意味する言葉に転じました。

「アングラ芸術」は主に映画や演劇のことを指し、寺山修司などが有名ですね。

何かを主張することが目的の、前衛的で実験的な芸術や作品を表します。

サブカルとの違いは?

現代では「サブカル女子(男子)」が取り上げられたり、サブカルな街が人気になるなど、サブカルが非常に注目されています。

サブカルとは「メジャーではない文化」のことで、アングラと同じように考えている人も多いのではないでしょうか。

サブカルとアングラの違いは、「社会的に許されるか」という部分にあります。

アングラは、社会規範や倫理的な理由で、表立った活動ができない文化ですが、サブカルは社会的にアウトというわけではありません。

サブカルよりも、社会的により過激なものがアングラだと考えるとわかりやすいでしょう。

使い方(用例)

アングラ演劇の精神を引き継いでいる劇団。

・メジャーバンドを批判する、自称売れないアングラ系バンドマン。

・父も若いときはアングラ活動に励んでいたようだ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする