圧巻の意味とは

スポンサーリンク

圧巻の読み方

あっかん

圧巻の意味

圧巻とは、「全体の中で一番素晴らしい部分のこと」です。

さまざまな場面でよく聞く言葉ですね。

圧巻は、「一つのものの中で特によかったところ」を示す言葉です。

たとえば映画などの「圧巻のラストシーン」は、「作品全体の中でもラストシーンが一番優れていた」という意味になります。

語源・由来

「巻」は「役人試験の答案用紙」のことで、「圧」は「上からおさえつける」ことです。

昔、中国で行われていた「科挙」という役人になるための試験では、最も優れている答案を一番上に置いていました。

一番優秀な答案が他のものを上からおさえるように置かれたことから、「圧巻」という言葉が生まれたのです。

圧巻は誤用されがち?

最近は「圧倒」という言葉と混同して使われることが多いです。

「圧倒」とは、「他のものよりもはるかに勝っている」という意味の言葉で「全体の中の一番すごいところ」を示す圧巻とはちょっと意味が違います。

ニュースで「圧巻のパフォーマンス」というような使われ方がされることがありますが、こういう場合は「圧倒的なパフォーマンス」と言ったほうが正しいですね。

「圧倒的」と同じ意味で使われるのは本来誤用ですが、今ではその使い方のほうが一般的になってきているので、もしかしたら新しく「ほかのものと比べてすごいこと」という意味が追加されるかもしれません。

使い方(用例)

圧巻のポージング

・今回の新曲は、ギタリストのソロが圧巻だった。

・今日の試合は本田のプレーが圧巻で、彼はハットトリックを達成した。

・数ある展示の中でも、メインのプロジェクションマッピングは圧巻でした。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする