合縁奇縁の意味とは

スポンサーリンク

読み方

あいえんきえん

合縁奇縁の意味

合縁奇縁とは、「人々の関わりは、すべて不思議な縁によるもの」という意味の四字熟語です。

あの人たちってなんであんなに仲いいんだろう?また、なんであんなに仲が悪いの?と不思議に思われるその関係がまさに「合縁奇縁」と呼ばれるものです。

「合縁」は気の合う縁のこと、「奇縁」の奇という字は、「不思議な」「神秘な」を意味しており、普通は考えられないような不思議な縁のことを言います。

また、「縁」という漢字には巡りあわせという意味があります。

友達などとの関係にも使いますが、特に男女の関係を指すときに使う言葉です。

語源・由来

もともと仏教の思想に基づいた言葉で、仏教の世界では「愛縁機縁」と書きます。

「愛縁」とは煩悩の一つで、血の繋がりがある夫婦や親子などの家族関係の縁で、世間的な執着心とされるもののこと。

「機縁」とは仏の教えを聞くきっかけのことです。

機という字には「きっかけ」という意味があります。

つまり、「家族関係の中で、教えを聞くきっかけに巡りあった」というような意味になりますね。

似た言葉(類語)

合縁奇縁に似た言葉には、「縁は異なもの味なもの」という言葉があります。

これは、男女の縁はどこでどう結ばれるかわからず、不思議で面白いものだという意味の言葉です。

理屈では説明できない出会いや縁のことを言います。

また、なぜか気持ちが通じ合わないという意味では「虫が好かない」も似ています。

「よくわからないけど、なんとなく好きになれない」という意味の言葉です。

使い方(用例)

・こんな人と仲良くなるなんて、合縁奇縁としか言いようがない。

・昔は毎日連絡していたのに、最近まるでしなくなったのも合縁奇縁によるものだろう。

・男女の仲は合縁奇縁だな。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする