アドバンテージの意味とは

スポンサーリンク

アドバンテージの意味

アドバンテージとは、「優位に立つ」という意味の言葉です。

スポーツなどでよく使われる言葉です。

テニスや卓球では、デュースのあとに1ポイントリードすることをアドバンテージと言います。

デュースはゲームやセットに勝つために必要な点より1ポイント少なく、双方が同点である状態のことです。

また、サッカーやラグビーでは、反則行為があっても試合を止めずにプレーを続行させることを指します。

これは、試合を止めることによって反則を犯したほうのチームが有利にならないようにするために行われるものです。

スポーツ以外で使われる場合でも、「優位に立つ」や「優勢」など、ほとんどが「有利」な状態を表すと覚えておきましょう。

使い方(用例)

・彼は過去に同じ体験をしている分アドバンテージがある。

・この試合がホームで開催されることは大きなアドバンテージだと言えるでしょう。

・錦織選手がアドバンテージを得た。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする