アクセスの意味とは

スポンサーリンク

アクセスの意味

アクセスとは、「近づくこと」「接続すること」という意味の言葉です。

よく使われるのは、「目的地までの道のり」という意味と、パソコン関係です。

有名な場所のホームページなどで、所在地や行き方を示すページを「アクセス」というカテゴリーにしていることがよくありますよね。

また、パソコン関係では、「データの読出しや書き込みを行うこと」、「ネットワークなどを使って、ほかのコンピューターに接続すること」という意味で使われます。

「接続する」というのは、コンピューター同士をコードでつなぐだけのことではなく、コンピューター同士でデータのやり取りをできる状態のことです。

コンピュータの利用者にあたえられる、ハードディスク内のデータを見たり変えたりする権利を「アクセス権」といいますね。

「何か目標物などに接近すること」という意味で理解しておくといいでしょう。

使い方(用例)

・国立西洋美術館は駅からのアクセスがよくて人気がある。

・解散発表をしたバンドのサイトにアクセスが集中してサーバーが落ちた。

アクセス権はあとからも追加できます。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする