アビリティーの意味とは

スポンサーリンク

アビリティーの意味

アビリティーとは、「能力、技能、才能」という意味の言葉です。

基本的には「能力」という意味で使われると覚えておくといいでしょう。

「キャラクターの能力や属性など」を表すものという意味のゲーム用語としてなじみのある人も多いと思います。

また、最近は「エンプロイアビリティー」が注目されています。

経済学用語で「雇用される能力」という意味の言葉で、雇用されるに値する能力・継続して雇用される能力を含む概念のことです。

産業構造の変化などによる人材の流動化が進んでいることから、労働者は企業の枠を超えた能力を高め、環境の変化に対応できるようになることが求められているんですね。

似た言葉(類語)

アビリティーに似た言葉に「スキル」があります。

アビリティーが生まれ持った才能と努力して手に入れた能力のどちらも含むのに対し、スキルは「経験によって得られた能力」だけを指します。

ゲームではスキルもアビリティーも同じような意味で使われていますが、違いがあることを理解しておきましょう。

使い方(用例)

・新キャラのアビリティーが発表されたぞ!

アビリティーの条件を満たして威力を挙げる。

・エンプロイアビリティーを高めることで、将来への不安が軽減される。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする