アラカルトの意味とは

スポンサーリンク

アラカルトの意味

アラカルトとは、「一品料理」という意味のフランス語です。

スープだけ、魚料理だけというように、一品ずつ注文できる料理のことです。

フランスでは、コースや定食のメニュー表を「ムニュ(menu)」、一品料理のメニュー表を「カルト」と呼び分けています。

フランス料理では、決められた料理を提供するコースが基本のため、それ以外に一品だけ好きなものを注文するアラカルトが必要なんですね。

ちなみに、コース料理がないお店ではアラカルトという言い方はしません。

コースと違って、好きな料理を選べるというのがアラカルトのメリットですが、選ぶのが難しいというデメリットもあるため、慣れていない人はコースを頼んだ方が無難です。

料理以外のアラカルト

チョコレートでも「アラカルト」と呼ばれるものがあります。

一つのパック(箱や袋)に、味や種類、カカオの濃度が違うさまざまなチョコレートが入っているもののことです。

バレンタインデーの時などによく売られているようなものですね。

また、日本語では、「収納ノウハウアラカルト」や「〇〇の知っておきたいアラカルト」などと言うように使われることがあります。

これは、メニューという意味から転じて「いろいろな項目」という意味で使われているんですね。

使い方(用例)

アラカルトのメニューを見せてもらっていいですか?

・どうしてもサーモンマリネが食べたくて、アラカルトで追加注文した。

・バレンタインイベント情報アラカルト

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする