香具師の意味とは

香具師の読み方

やし(こうぐし)

香具師の意味

香具師とは、「あいつ」「〇〇な奴」を表すネット用語です。

初期の2ちゃん用語で、今となってはほとんど死語です。

たとえば「〇〇ほしい香具師いる?」は「〇〇ほしい奴いる?」という意味になります。

2ちゃんねるでは、カタカナのツをシにしたり、ンをソにするなど、一見似ている文字を変えて書く特徴があり、香具師もその一つです。

つまり〈奴→ヤツ→ヤシ→香具師〉ということですね。

また、わざと「かぐし」とひらがなで書く人もいます。

香具師の本来の意味とは?

本来は「縁日などの人がたくさん集まる場所で見世物をしたり、品物を売る人のこと」で、簡単に言うと「お祭りなどで屋台をやっている人のこと」です。

的屋(てきや)と呼ばれる人たちですね。

昔は香具師という字の通り、「こうぐし」と呼ばれていたそうです。

「やし」と呼ばれるようになったのには、目立たないように変装していた「野武士」と呼ばれる武士が飢えをしのぐために薬を売っていたことから、「武」が略され「野士(やし)」と言われたことなど、諸説あります。

使い方(用例)

お祭りの的屋さんを香具師ともいう。

・まだ起きてる香具師いる?

・いまだに香具師とか使ってる香具師wwwwwww

・駅で女の子に告白してる香具師いてなんか照れた……。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク