チュートリアルの意味とは

チュートリアルの意味

チュートリアルとは、

  1. 個別指導・家庭教師
  2. 一番初めに基本操作などを説明するプログラム

のことです。

もともとは教育手法の一つで、「少数の生徒に一人の教師が集中的に教えること」や「家庭教師による一対一の教育」のことを表す言葉です。

これが転じて、ゲームやソフトウェアなどで「一番最初に操作方法を教えてくれるプログラムや教材のこと」を意味するようになりました。

たとえば、新しいゲームアプリをダウンロードすると一番最初にアイコンやボタンの説明があったり、攻撃の仕方などを私たちに実際に操作させながら教えてくれたりしますよね。

これもチュートリアルの一つで、これを見ることで基礎的な部分を理解することができます。

使用説明書ととらえるとわかりやすいですね。

芸人のチュートリアルの由来は……?

2006年にM-1グランプリで優勝して以来人気のお笑いコンビ「チュートリアル」。

ボケの徳井義実さんとツッコミの福田充徳さんは幼馴染で親友の二人組です。

徳井さんの妄想が暴走して、それに福田さんが引きながらツッコミを入れる「妄想漫才」がきっかけで大人気となり、バラエティ番組で活躍していますよね。

チュートリアルという名前は、彼らが高校・浪人生時代に通っていた予備校で週に一度行われていた、HRのような時間が由来なんだそうです。

使い方(用例)

チュートリアルは家庭教師のこと。

・このゲームはチュートリアルが終わると本編が始まる仕組みだ。

・親切なチュートリアルのおかげでつまずくことなく作業ができる。

チュートリアルをちゃんとやるのは大切なことだ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク