鶴の一声の意味とは

鶴の一声の意味

鶴の一声とは、「たくさんの人が議論している時、力のある人が有無を言わさず物事を決定する一言」のこと。

終わりの見えない話し合いが、誰かの一言であっという間に収束する時がありますが、その時の一言が「鶴の一声」です。

会社などで、絶対に間違っていることでも上司がそれでいいと言ったらそう決まってしまったりしますよね。

決定される内容は優れた意見であることが理想ですが、実際はそうでもない意見だったり、どうしてそんなことに…と言いたくなるようなひどいものもあります。

「鶴の一声」にいい思い出がない人のほうが多いかもしれません。

もしあなたが「鶴の一声」を発せられる立場にいるなら、よからぬ事態や余計な不満を生みすぎないように考えてから発信しましょう。

語源・由来

鶴はとても用心深く、何かの前触れがあるとすぐにそれを感じ取り、迂回して回避しようとする習性があります。

鶴はめったに鳴かない鳥ですが、こういった変化や危険を感じたときにはそれを仲間たちに知らせるためにとても大きな声で鳴くのです。

その声は非常に大きく、ほかの鳥たちが鳴くのをやめて黙ってしまうほどだそうです。

鶴が鳴いた時の場面が、そのまま意味になったような感じですね。

使い方(用例)

鶴の一声を挙げる鶴

・市長の鶴の一声で、議論は収束した。

・クラス委員の鶴の一声によって、出し物は合唱に決まった。

・彼女の鶴の一声で、結婚式は和装でやることになった。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク