踏襲[とうしゅう]の意味

読み方

とうしゅう

※「ふんしゅう」や「ふしゅう」とは読まないので注意。

踏襲の意味

踏襲とは、

前人のやり方や方針を尊重して、そのまま受け継ぐこと。

「前社長の方針を踏襲していく」という場合は、

前社長のこれまでの経営の進め方や考え方を、引き続き受け継いでいくということです。

また、似た意味をもつ言葉に「継承」がありますが、意味が少し違います。

踏襲は、前人の習慣や方針を受け継ぐのに対し、

継承は、前人の仕事や財産、身分などを受け継ぐことをいいます。

使い方(用例)

踏襲する

・新型車はワイルドな見た目を踏襲。

・今度の実験は旧システムを踏襲せずに挑みます。

・前例踏襲主義の職場は僕には向いていなかった。

意味ナビmemo

日常生活やビジネスシーンにおいては、無理に難しい「踏襲」を使わず、「引き継ぐ」「継続する」「受け継ぐなど」など分かりやすい言葉で伝えたほうがよい場面のほうが多いでしょう。

ニュースの見出しなどでは、決められた文字数の中で表現するために「踏襲」という言葉がよく使われていますね。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク