とりあえずの意味とは

とりあえずの意味

とりあえずとは、「最優先で、すぐに」または「今のところ」という意味です。

何よりも先にやるという意味と、先のことは考えず、まずはできることをするという意味の二種類があります。

たとえば、「とりあえず電話して」は「すぐに電話して」という意味で、「とりあえず問題はなさそうだ」は「さしあたって問題はなさそうだ」という意味になりますね。

「とりま」という若者言葉が生まれるほど、日常的に多用される言葉ですが、人によっては言葉の受け取り方が違って誤解を生みやすく、実はニュアンスが難しい言葉としても認知されています。

ビジネスの場で使うには注意が必要!

ビジネスの場でとりあえずと言うのは、あまり適切ではありません。

とりあえずの”現時点では”という意味を、言い逃れや責任逃れと受け取る人もいるため、上司によっては「完成していないものを持ってくるな」と一蹴されてしまう場合があるのです。

ビジネスの場では《ひとまず》や《まず》と言ったほうが嫌な顔をされないでしょう。

また似ている言葉で「取り急ぎ」や「一応」という言葉もありますが、こちらもビジネスの場では不適切とされています。

取り急ぎは、十分な時間は取れなかったが急ぎで準備したことを相手にわかってもらおうとする言い方で、一応は、要求を満たしてはいるが、あくまでも最低限で完ぺきではないことを表す言葉です。

使い方(用例)

とりあえず今日やらなきゃいけないことが終わった女性

・今日は暑いからとりあえず海のほう行こう!

とりあえず今日の残業はまぬがれた。

・就職が決まったことをとりあえず先生に連絡しよう。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク