他力本願の意味とは

他力本願の意味

他力本願とは、「仏様の大きな力によって生かされている」という考え方。

また、「人任せで、他人がやってくれることを当てにすること」です。

他力本願と聞くと、多くの人は二つ目に書いた「誰かが何とかしてくれる」という意味で使っていると思います。

しかしこれはもともと誤用で、本来は仏教に由来する言葉なのです。

他人依存という良くない意味で定着してしまったため、キャッチコピーなどに使った企業が抗議を受けてしまったという話もあります。

現代ではすっかり悪い意味で定着してしまっているので使わないというのは難しいですが、もとの意味もしっかり理解して、使い時を見極めるのが良いでしょう。

本来の意味の「他力本願」

自分で何かに取り組むことを「自力でやる」と言うことから、他力は他人の力だと思う人が多いですが、仏教の”他力”とは、阿弥陀如来の力のことで、”本願”は本当の願いのことです。

阿弥陀如来の願いとは、「すべての人を仏にならしめる」ことで、他力本願は「自力ではなく、阿弥陀如来の力で極楽浄土に行かせてもらうこと」なのですが……正直、仏教徒でない限りピンと来る人はかなり少ないと思います。

つまりどういうことかというと、「みんな誰かを助けたり、支えたりしながら生きている」ということです。

仕事や夢は、自分一人の力でなんとかしていると思っても、結局どこかで誰かが手伝ってくれていたり、後押しをしてくれて達成できるものですよね。

私たちの願望が家族や友人にかなえられているように、仏教の世界では成仏することを阿弥陀如来がかなえてくれるから強く生きていけるという考えにつながるのです。

使い方(用例)

他力本願は仏教用語!

他力本願でやっていくにも限界があるぞ。

・今度こそ変わると言っていたのに、やっぱり他力本願じゃないか。

・いつまでも甘やかしていると大人になってからも他力本願のままになってしまうよ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク