周知とは

読み方

しゅうち

周知の意味

周知とは、

広く知れ渡っていること。

また、広く知らせること。

という意味です。

「周知の事実」や「周知徹底」など、

ビジネスだけでなく日常生活でもよく聞く言葉ですね。

「周知する」は誤り?

「周知する」と動詞化するのは誤りで、「周知させる」が正しい使い方であるという意見をちらほら耳にします。

結論からいうと「周知する」は誤りではありません。

「周知する」「周知させる」ともに正しい表現です。

恐らく、周知を「既に広く知れ渡っていること」という意味で解釈すると、その状態に「させる」が適切で「する」というのは誤りと考えたのでしょう。

しかし、周知には「広く知らせること」という意味もあります。

ですので、自分が周知を行う場合は「する」、誰かに周知を依頼する場合は「させる」、どちらでも状況に合わせて用いればよいのです。

使い方(用例)

拡声器で周知する男性

・社員旅行の日程は周知のとおりです。

・忘れ物がないように持ち物を周知してください。

・私が責任をもって周知しますのでご安心を。

・全員に周知する必要はない。

・就業規則の周知徹底を図る。

意味ナビmemo

似た言葉に「衆知」があります。

読み方は周知と同じく「しゅうち」です。

「衆」という字は多くの人々という意味があり、衆知は「多くの人々の知恵」という意味です。

※用例「衆知を結集する」

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク