秀逸の意味とは

秀逸の読み方

しゅういつ

秀逸の意味

秀逸とは、「他のものよりも段違いに素晴らしく、優秀なこと」です。

”秀逸なたとえ”や”コメントが秀逸”というように、他のものよりも優れていることを言います。

秀逸は他のものと比較する意味を持っており、より素晴らしいものに対して使う言葉です。

最近は、SNSなどで面白い投稿やためになる情報を評価する時に使うことが増えてきています。

語源・由来

“秀”という字は、穂先がたれるほどよく実った立派な穀物の形から成り立っています。

穀物が一番素晴らしい状態であることを表していることから、「他と違い目立って優れている」という意味です。

また”逸”は、逃げるうさぎをかたどった文字です。

うさぎがその場を飛び越えて抜け出していくことから、「枠を超える」という意味が生まれました。

この二つを合わせて、〈枠を飛び越えてすばらしい〉という意味になり、秀逸という言葉が生まれたのです。

使い方(用例)

営業成績が秀逸な女性

・天才の名に恥じない秀逸なプレーを連発する選手。

・あの人気モデルのファッションは色のバランスが秀逸だ。

・ラスト10分の怒涛の展開が秀逸すぎる映画が話題だ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク