しょんどいの意味とは

しょんどいの意味

しょんどいとは、「正直しんどい」を略した若者言葉です。

「しんどい」は「疲れた」や「つらい」、特に若者の間では好きなものなどに対して「好きすぎてつらい」や「楽しすぎてやばい」といった意味で使われる言葉です。

しょんどいも「本当に疲れすぎて辛い状態」と「テンションが上がっていて大変な状態」の二種類があるようです。

テレビなどの若者言葉特集ではかなり登場する言葉ですが、実際の若者からは「そんなに使わない」との声も上がりやすい言葉です。

しかし、ツイッターなどのSNSで調べてみるとそこそこ使われているので、どちらかというとネット用語という位置づけなのかもしれませんね。

方言もある!意味の違いは?

播州弁(ばんしゅうべん)や播磨弁(はりまべん)と呼ばれる兵庫県南西部の方言に「しょんどい」があります。

これは「どないしょんどいや」などと使われ「何してるの?」という意味です。

また長崎県の「北松弁(ほくしょうべん)」には「しょんどる」という方言があります。

これは「よう味がしょんどるなぁ」と使い「良く味がしみている」という意味です。

同じ言葉でも若者言葉とは全然意味が違いますね。

使い方(用例)

徹夜しょんどい

・元カレからより戻そうって言われ続けるのマジでしょんどい

・山﨑賢人目当てで雑誌かったんだけどかっこよすぎてしょんどい何これ。

・子供に「お姉さん大人なのになんで彼氏いないの?」って言われてしょんどすぎた

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク