承知の意味とは

承知の意味

承知とは、

  1. 話の主旨や事情などを知っていること。わかること。
  2. 依頼や要求を聞き入れ、承諾すること

です。

ビジネスの場ではお客さんにも、社内の人にも「承知しました」とよく言いますよね。

わかりましたという意味だったり、話を了承するときなどに使う言葉です。

日常会話では「今度〇〇したら承知しないよ」などと言って、許さないという意味になる場合もあります。

「了解」と「承知」どっちが正しい?

先に述べたように、承知はほとんどビジネスの場で使う言葉です。

しかし、同じ「わかった」という意味の言葉には「了解」もあります。

「了解」は日常会話やLINEなどでもかなり使われる言葉ですよね。

特に若い人は、同じような意味だしどっちを使っても変わらないと思っている人が多いようですが、この二つを間違えて使うと上司から突然お叱りを受けたりするかもしれません。

「了解」は上司に使ったらダメ!

実は了解は、目上の人が目下の人に向かって使う言葉なのです。

特にその場で何かしらの権限を持っている人が下の人間に使う言葉なので、部下から上司に「了解」と言ってしまうのは失礼になってしまいます。

「了解いたしました」と言えば丁寧語にはなるんですが、了解という言葉自体に敬意が含まれていないため、指摘したくなる大人がいるようです。

了解と言うのは気心の知れた同僚や、友達との会話だけにしたほうがよさそうですね。

上司には「承知」が正解!

特に若者は「了解」という言葉をよく使いますから、それがだめだと言われたらどうしていいかわからなくなってしまう人もいるかもしれません。

そんなときには「承知しました」を使いましょう。

承知は目下の人から目上の人に使う言葉で、「承知しました」は尊敬語です。

「承知いたしました」と言うとへりくだった言い方の謙譲語にもなります。

「かしこまりました」というのも非常に丁寧な言い方ですが、人によっては少し固いなと感じられることもあるようです。

日ごろから承知しました、という癖をつけておけばビジネスの場で怖いものはありません。

使い方(用例)

承知した女性

・面接の日程、承知しました。

・失礼なのは百も承知だけど、どうかお願いしたい。

・今度朝帰りをしたら承知しないぞ!

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク