恣意的の意味とは

恣意的の読み方

しいてき

恣意的の意味

恣意的とは、「考えなしに、思ったことを自分勝手に行うさま」のことです。

場当たり的や、わがままなどと言い換えることができます。

適当な思いつきや思うがままの行動や考えを指す言葉ですが、子供の「お菓子買って!」などのわがままは恣意的とは言いません。

論理的な行動や考えが求められている場所や、自分勝手にふるまってはいけない場所など、社会的な関係が重視されるところで使う言葉です。

他人を批判するときに使うことが多い言葉なので、使う際には注意が必要です。

その使い方は本当に誤用?

日常的にあまり使わない言葉だから、恣意的と書いてあると「なんだっけ……?」と混乱してしまったりしますよね。

「意図的」「作為的」なども似たような使われ方をしているし、余計よくわからなくなってしまうこともあると思います。

  • 意図的とは、何かを行おうと考えている思惑やもくろみのこと。
  • 作為的とは、真実であるかのようにわざと手を加えること。

意味を見ると、どちらも恣意的とはなんとなく違う感じがしますね。

ですが、意図的・作為的に行動している人もわざとルールを破って「勝手気ままに」行動していると考えれば、意味に間違いはありません。

恣意的を意図的という意味で使うのは誤用だとするのは、ネット上で急速に広まったものです。

使い方(用例)

ビンも燃えるから可燃ごみというのは恣意的な判断だ

・意見も聞かずにビールを注文するのは恣意的だと思う。

・最近、会見では大臣たちの恣意的な発言が悪目立ちしている。

・部長の恣意的な振る舞いに、課長がキレかかっていて部署内の空気が悪い。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク