シフトの意味とは

シフトの意味

シフトとは、「今までの状態や体制から新しいものに切り替えること」です。

位置を移動するという意味もあります。

結構いろんな場面で使う言葉ですよね。

車のギアを変えることや、野球で特定の打者に対して守備の形を変えること、パソコンのシフトキーには英語の大文字と小文字を切り替える機能があります。

このように、シフトという言葉は何かを「変えること」を指す場合がほとんどです。

また、ニコニコ動画では「タイムシフト」という機能がありますが、これは生放送された番組を放送終了後に見ることができるサービスです。

リアルタイムで視聴するのではなく”時間をずらして”見る。

つまり、自分の好きな時間に番組を見ることができるということですね。

アルバイトのシフト制

これは、「交替勤務」という意味で、週ごとや月ごとなどで従業員の勤務スケジュールを決めて仕事を回す制度のことです。

とくに販売系やフード系の仕事ではシフト制を利用しているところが多いですね。

シフト制には、勤務する曜日や時間があらかじめ決められている〈固定シフト制〉と、スケジュールを自分で組む〈自由シフト制〉の2種類があります。

固定シフト制は勤務日が決まっているため、生活リズムが規則正しくなったり間違えて予定を入れてしまうことが少ないというメリットがあります。

一方自由シフト制は自分の都合でシフトを決められるため、プライベートを充実させられたりダブルワークでも融通が利きやすいのが利点です。

使い方(用例)

バイトのシフトを考えているところ。

・タイムシフトは今月末まで公開中です。

・9月になったら、少しずつ秋服にシフトチェンジしていこう。

シフトの提出期限は今週末なので早めにお願いします。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク