シェアの意味とは

シェアの意味

シェアとは、

  1. 分け合うこと。共有すること。
  2. 市場占有率(しじょうせんゆうりつ)のこと

です。

インターネットが広まってから、特によく聞くようになりましたよね。

SNS上では「自分がいいと思った写真や動画などのコンテンツを広めて一緒に楽しむこと」という意味で使われることが多いです。

最近は「ルームシェア」や「シェアハウス」も流行っています。

この二つは非常によく似ていますが、ルームシェアは一つの部屋を、シェアハウスは一つの家を共有して暮らします。

他にも、レストランなどでは「ちょっとずつ頼んでシェアしよう」という使い方も目立ってきました。

これは「分け合って食べよう」という意味ですね。

このように、日常的な会話で使われるのは「共有すること」「分け合うこと」のどちらかであることがほとんどです。

市場占有率って何?

もう一つ、ビジネスの世界で使われるのが「市場占有率」という意味のシェアです。

マーケティングシェアともいって、これはある特定の市場のなかでその企業の商品やサービスが占める割合のことを指します。

たとえば、〈国内のカフェ業界〉という市場でもっとも利用されているサービス(=高いシェアを誇っている)は「スターバックスコーヒー」で、他のカフェは打倒スタバを目標に戦略を練ることができるというわけです。

このように、企業にとって非常に重要な指標になるものが市場占有率です。

ちなみに、アメリカでマーケティングシェアは「株式」や「株価」のことで、市場占有率のことは言わないので注意しましょう。

使い方(用例)

どんぐりをシェアするリスたち。

・この記事を気に入ったらシェアしてね!

・違う味のパンケーキを頼んでシェアしようよ。

・来年の目標はマーケットシェアを10%引き上げることだ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク