センシティブの意味とは

センシティブの意味

センシティブとは、

  1. 感覚が鋭くて、感じやすいさま。敏感。
  2. 内容が微妙で、取り扱いに慎重にならなければいけないこと。

です。

どちらの意味も、なんとなく「取り扱い注意」なイメージの言葉です。

センシティブな人と言ったら繊細で感受性が豊かな人を指し、センシティブな話題と言ったら取り扱いに注意するべき微妙な内容の話題ということになります。

「ナイーブ」や「デリケート」という言葉と意味が近く混同されがちですが、これらよりもただ単純に「感受性が強く傷つきやすい」というイメージです。

また、神経質と解釈されることもあり、必ずしもいい印象の言葉ではないため、人に使うときには注意が必要な言葉でもあります。

誰かの繊細な部分や感受性が豊かな部分を褒めたいときには、下手にカタカナ語を使わずに日本語で伝えることをお勧めします。

国家情報は「センシティブ」?

「機微情報」と呼ばれる、国家機密などの情報を「センシティブ情報」と言います。

これは個人の思想や信条などのプライバシー情報のことも指し、特に慎重に扱われれるべき情報だとされています。

OECD(経済協力開発機構)の定義によると「情報漏洩によって、社会的差別などを受ける可能性のある情報」のことです。

使い方(用例)

センシティブな人は感受性が豊かだ。

・僕の彼女はかなりセンシティブで、たまに扱いに困る。

センシティブな話題を大声で広めた彼は社内でかなりひんしゅくを買った。

・今回の議題はとてもセンシティブだから、私が話を進めます。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク