サテライトの意味とは

サテライトの意味

サテライトとは、「衛星」または「他のものにくっついているもの」です。

まず、宇宙には大きく分けて3つの星の種類があり、

  • 「恒星」……太陽や夜空の星など、自ら光を放つ星。
  • 「惑星」……地球や火星など、恒星の周りを回っている星。
  • 「衛星」……惑星の周りをまわっている星。

と分けられます。

衛星とは惑星の周りをまわっている(公転している)星のことです。

地球(惑星)の周りをまわっているのは月なので、地球のサテライトは月ということになります。

また、人工衛星の事をサテライトと呼ぶこともあります。

サテライト〇〇は結構たくさんある!

「惑星のまわりにくっついている星」ということから意味が広がり「他のものに付属しているもの」を指す場合もあります。

特にテレビなどで使われる場合は、こちらの意味のほうが多いです。

本社から少し離れた場所にある小規模なオフィスのことを「サテライトオフィス」と言ったり、ラジオなどの中継用の小さなスタジオを「サテライトスタジオ」と呼んだりします。

サテライト〇〇という名前のものはほとんど「〇〇にくっついているもの」と解釈して大丈夫でしょう。

ただし「サテライト」というアニメ会社は、上記のような意味ではないので人に教える場合は気を付けたほうがよさそうです。

使い方(用例)

月は地球のサテライト

・新しいサテライトの打ち上げ成功のニュースで番組は持ちきりだ。

・本日の放送は、サテライトスタジオからお送りしています。

・夏のバーゲンでは人気ブランドのサテライト会場が登場するらしい。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク