三寒四温の意味とは

三寒四温の読み方

さんかんしおん

三寒四温の意味

三寒四温とは、「冬に寒い日が三日間くらい続いたあと、暖かい日が四日間くらい続くのが繰り返されること」です。

日本では「春に向けてだんだん暖かくなっていくこと」と勘違いしている人が多いですよね。

春先の天気予報でよく聞くためにそのような勘違いが生まれるのかもしれませんが、本当は冬の言葉なんです。

もともとはシベリア高気圧から影響を受ける中国東北部や朝鮮半島北部の冬の気候を表すことわざで、日本でも冬の天気の意味で使われていました。

しかし日本の気候ではシベリア高気圧だけでなく太平洋の高気圧の影響もうけるため、はっきりとした三寒四温には年に一度くらいしかならず、だんだん意味が違って使われるようになったんですね。

また一般的に寒い日は晴れて、暖かい日は天気があれる特徴があります。

なお、手紙では2月の時候の挨拶として使われます。

使い方(用例)

三寒四温を過ぎれば春だ

三寒四温の頃は、着る服に迷ってしまう。

三寒四温で体調を崩す人は毎年多いから気を付けないと。

三寒四温の折柄、体調を崩されませんようご自愛ください。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク