老婆心の意味とは

老婆心の読み方

ろうばしん

老婆心の意味

老婆心とは、「余計な心配などのおせっかいのこと」です。

老婆は年老いた女性、つまりおばあちゃんのことですが、おばあちゃんが必要以上に世話を焼いたり、心配したりする姿から「おせっかい」という意味になりました。

目上の人から目下の人に対して「余計なお世話だろうけど……」というような意味で使われる言葉です。

目下の人が「うるさいなぁ」と反発するであろうと見越して使うこともできるし、「口出しする立場じゃないとはわかっているけど」という謙遜の意味を込めて使うこともできます。

ちなみに、目下の人が上司や先輩に向かって「老婆心ながら」というと失礼に当たってしまうので、その場合は「僭越(せんえつ)ながら」を使いましょう。

男性でも使っていいの?

「おばあちゃん心」と書きますが、先に述べたようにへりくだった言い方としても使える言葉なので、男性が使っても問題ありません。

「おせっかいに思うだろうが」と言うとちょっとぶっきらぼうに聞こえてしまうこともありますよね。

この言葉はやんわりと忠告できるので、使いこなせたら便利な言葉だと思いますよ。

語源・由来

もともとは仏教用語で「老婆親切(心切とも書く)」という言葉でした。

これは「おばあちゃんが孫をかわいがること」という意味で、《おばあちゃんが孫を愛する気持ちは、仏様が人間を愛する気持ちに通じるものがある》とし、みんなそのような心を持ちなさいという教えです。

禅の修行をする人たちは、優秀な人ほど知識を多く得ることなどに熱中してしまう傾向があったそうです。

そういった人たちに、修行の目的は知識で人を打ち負かすことではなく「人を愛する心を育てること」だと諭した言葉なんですね。

使い方(用例)

老婆心はおばあちゃんだけが使える言葉じゃない。

老婆心かと思いますが、もう少しアンケートを取ったほうがいいのではないでしょうか?

・最近若者の恋愛離れが騒がれているので、老婆心から筆を執らせていただきました。

老婆心ながら、体調が悪いときは無理をせず付き合わないほうがいいと思います。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク