リスケの意味とは

リスケの意味

リスケとは、

  1. 【金融用語】借入条件(納期)を変更すること
  2. 【ビジネス用語】スケジュールを調整/変更すること

です。

【例文1】返済資金の調達が間に合わず、銀行とリスケを交渉した。

【例文2】「思ったように準備が進まなくて……明日の提出、リスケしてもいいですか?」

金融用語として使う場合も、ビジネス用語として使う場合も、どちらも〈期限の延長〉を意味し、反対に期限を前倒す場合にはほとんど使いません。

また【例文2】のように、「~する」という語を足して「リスケする」という形をとることもあります。

リスケの語源・由来

リスケとは、英語の[rescheduling](リ・スケジュ―リング)の略です。

reschedulingは

 「再び(=re)スケジュールを立てる(=scheduling)」

という構造を持つ言葉。

意味は、日本語のリスケと同じです。

1.金融用語のリスケ

まずは私たちには馴染みのうすい【金融用語】としての意味をクリアしましょう!

リスケとは、借金を抱える〔個人・企業〕が、貸した〔金融機関・銀行〕との話し合いの上、返済の納期を遅らせてもらうことを意味します。

金融リスケの性質

金融業界のリスケには、「現時点ではお金を返済できないのでもう少し時間を下さい」という意味があります。納期を遅らせるというとは〈当面の返済額が減る〉ということでもあります。

リスケは、

  • 資金を集めるのが難しくなった会社
  • 予定通りの日付に返済が出来ない人

が使う手段の一つです。

リスケによって返済が待ってもらえる期間は最長で1年。そのあと再度リスケをする為には厳しい条件が必要となります。

デフォルト(債務不履行)と似ていますが、リスケはあくまで納期を延ばすことで、返済の義務を放棄することではありません。

金融リスケのメリット・デメリット

メリットは、リスケの期間中は相手が返済を待ってくれるので、強制的に返済金を回収されることがなくなります。

デメリットは、リスケをしている間は、その相手から新しくお金を借りることが出来ないということ。

また、一度でもリスケがあれば取引相手としての信頼を失い、それ以降の借り入れが難しくなります。

2.ビジネス用語のリスケ

ある案件の納期の延長や予定していたイベントの延期など、〈スケジュール調整〉のことです。

リスケの必要な場面

リスケが必要な場合には、次のようなケースがあります。

  • 商品の急な仕様変更
  • 予期せぬトラブルの発生
  • 天候の不順
  • 交通機関の乱れ
  • 欠員による人手不足
  • 資金の不足
  • そもそも当初のスケジュールに無理があった

こうした事情で「時間」が足りなくなると、リスケが行われます。

リスケの注意点

安易なリスケは信用を無くすことに繋がります。出来るだけ綿密にスケジュールを立て、リスケを防ぐ努力をしましょう。

やむを得ずリスケを提案するときは「出来るだけ早急に先方に申し入れること」がポイント。その際は、電話か直接会っての交渉が基本です。決定事項はメールなどを使って「記録として残す」ことも大切です。

また、「どうしてリスケしなくてはならなかったか」を考察して次回の計画に生かしましょう。

意味ナビ!memo

IT業界では「リスケ」がよく使われます。とはいえ、好きでリスケするわけではありません!

……というのもこの業界、リスケが必要な場面がひんぱんにやってくるからです。

機械の不具合は読めません。

システム開発の会社ならば、「完成したはずのシステムがテストでうまく作動しない!」ことなど、日常的にトラブルが起こります。

読めないものを相手にしていると、綿密にスケジュールを立てたところでどうしても予定通りには進みません。

ふたを開けてみたら〔時間/お金/人手〕が足りなかった、ということが多いのです。

ですからIT業界では、リスケは比較的気軽な言葉として浸透しているようです。

使い方(用例)

リスケとカレンダー

・あの会社は以前リスケがあったので、融資する際には注意が必要だ。

・飛行機の欠航で出張先から戻ることが出来ず、午後の打ち合わせをリスケするよう頼んだ。

・上司「例のプロジェクトの企画書だけど、取引先の都合で急ぎになったんだ。一日前倒しでリスケお願い出来そう?」

 僕(そんな……!むしろリスケして期限延ばしたいくらいなのに!!!)「はい、かしこまりました。」

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク