レセプションの意味とは

レセプションの意味

レセプションとは、

  1. 来賓を歓迎するための公式の宴会
  2. ホテルのフロント・結婚式などの受付

です。

きらびやかなドレスにおいしい食事、弾む会話――「レセプション」と聞くと、華やかなパーティを思い浮かべますね。

レセプションは「公式の歓迎会」を表す言葉です。

あくまで”公式”に行われるものなので、同窓会などは(どんなに大規模なものであっても)「レセプション」とは言いません。

レセプションの語源・由来

レセプションは、英語の[reception](レセプション)のカタカナ言葉です。

receptionには「受け取ること」「受け入れ」という意味があります。

レセプションパーティってどんなもの?

日本でレセプションという言葉を聞くときはたいてい、『レセプションパーティー』という形で「公式の立食パーティー」を表します。

レセプションが行われる目的には、次のようなものがあります。

  • 新製品発表会
  • 創立記念パーティー
  • 新店舗オープン
  • 新ブランド立ち上げ
  • 出版記念
  • 個展開催記念
  • 映画祭

このように様々な業種で行われ、雰囲気もそれぞれです。

知られていない「受付」の意味

意外と知られていないのが、「受付」の意味です。

ホテルでチェックインを受け付ける「フロント」のことを、別の言い方でレセプションと言います。

結婚式や美容室などの「受付」もレセプションと言います。

ホテルのレセプション

その他・専門用語のレセプション

他にも……

バレーボールのレセプションは「サーブレシーブ」のこと。

ウェディングレセプションと言ったら「結婚披露宴」のことです。

使い方(用例)

レセプションパーティーとドレス

レセプションはまさに「ホテルの顔」である。滞在の最初と最後に通る場所なので、ホテルで過ごした時間全体の印象を決定づける、重要な要素だ。

・作家のレセプションパーティには多くの出版関係者や記者が招かれる。久々の新作発表とあれば、その規模は相当なものだ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク