プラトニックの意味とは

プラトニックの意味

プラトニックとは、「精神が純粋で清らかな様子」のことです。

『プラトニックラブ』という言葉で知っている人もいるのではないでしょうか。

「純愛」と訳される場合もありますが、「肉体関係を持たず、心のつながりを大切にする関係」がプラトニックラブの本来の意味です。

現代は10代でも”恋愛と身体の関係を持つことはセット”という考えの人が多いですが、「結婚するまでは純潔を守る」というプラトニックラブを支持してる人は男女とも実はけっこう多いのです。

また、特に中学生・高校生のうちにプラトニックラブを経験することは、思いやりや優しさ、失恋の悲しみなども学べるため、成長に必要不可欠な体験だと言われています。

流行っている?プラトニック不倫

『プラトニック不倫』とは、不倫関係ではあるものの性的な関係はもたず、恋人気分でデートをしたりするだけの関係のことです。

肉体関係もなく証拠もないことが多いため、「友達だ」と言われてしまったらそれ以上の追及が難しく、仮にそれが原因で離婚をしたとしても、慰謝料が請求できないことも多くあります。

〈家庭は壊したくないけど、ときめきたい〉という欲求がプラトニック不倫に駆り立てられる要因です。

不貞行為がないとはいえ不倫は不倫ですし、始めはプラトニックだと思っていても、一線を越えてしまうリスクは自分にも相手にもあると言え、危険な関係であることに変わりはありませんね。

語源・由来

【プラトニック】という言葉は、「プラトンのような」という意味です。

プラトンとは、ソクラテスの弟子で、アリストテレスの師匠でもある哲学者であり、西洋哲学にかなり大きな影響を与えた人物です。

つまりプラトニックラブは《プラトンのような考え方の愛》ということになりますね。

プラトン自身は同性愛者であり、同性愛について「肉体に惹かれる愛よりも、精神に惹かれる愛のほうが優れている」と説いたのですが、それが男女の恋愛のものだと勘違いされ、今のような意味になりました。

また、なぜ「純愛」という意味だと思われているのかというと、純愛とは「よこしまな気持ちのない愛」だとされています。

ある意味よこしまな気持ちをもって行われる肉体関係とは離れたものだと考えられ、それによって《精神的な愛》=純愛(プラトニックラブ)だとされたのです。

使い方(用例)

プラトニックな関係のカップル

・プラトニックな関係を馬鹿にするな!

・結婚するまではプラトニックラブを貫きたい。

・プラトニックだと思っている関係に無理やり肉体関係を持ち込むのはルール違反だ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク