アウトレットの意味とは

アウトレットの意味

アウトレットとは、「”訳あり品”を安く販売する仕組み」です。

アウトレットショップや(その集まりである)アウトレットモール、アウトレット商品の略称としても親しまれています。

アウトレットで販売される品物の特徴

アウトレットの特徴は、とにかく安いこと。

ブランド品やメーカー品が【3割引から、時には9割引】で売られます。

ファッションの他にも、家電製品やインテリアなどがアウトレット販売をしています。

安すぎる!アウトレットは偽物?

アウトレットで売られる商品はすべて本物で、基本的に新品です。(電化製品の新古品を除く)

では、どうしてこんなに安いのでしょう?みなさんも不思議に思ったことがありませんか。

アウトレットの安さの秘密は、以下のような”訳あり品”を販売しているからです。

  • キャリー品(売り切れなかった在庫)
  • 流行を過ぎた商品
  • B品(傷モノ)
  • サンプル品(店頭に並ぶ前の試作品)
  • アウトレット専用商品(もともとアウトレット向けに製造している商品)

こうした商品を大量に仕入れて安く売るのがアウトレットの仕組みです。

お店の利益は?こんなに安くて潰れないの?

アウトレットの語源の[outlet]には「出口・はけ口」という意味があります。

アウトレットは、商品を製造する立場のメーカーや工場にとって〈在庫のはけ口〉なのです。

商品は鮮度が命!製造から時間が経てば経つほど、商品の価値は下がります。ですから、作ったシーズンに売り切るのがベスト。メーカー側は出来るだけ在庫を抱えたくないのです。

しかし、製造する段階では(どんなに計画を練っても)どの商品が売れるか、どの商品が残るかは想像しきれません。結果、余ってしまう商品は必ず出てきます。

そこで、「在庫を抱えるくらいなら、赤字ギリギリでもいいから、商品価値のあるうちに売ってしまおう!」という商戦が、メーカー側にとってのアウトレットなのです。

アウトレットはWin-Win

〈在庫のはけ口〉というとネガティブに聞こえますが、アウトレットはメリットであふれています。

メーカーは、在庫を抱えずに済んで、製造にかかった費用を最低限取り返すことが出来、

消費者は、普段手の届かないような商品まで手軽に買うことが出来るのです。

まさにWin-Winの、画期的な仕組みですね!

使い方(用例)

買いすぎ注意!アウトレット商品
・ヨドバシカメラには、本館とは別にアウトレット専門館が設けられており、電化製品愛好家には特に人気がある。

・日本で初めてのアウトレットモールが誕生して、はや25年。商品販売の画期的なアイディアとしてもてはやされたアウトレットだが、近年は様々な問題を内包する。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク