オーガニックの意味とは

オーガニックの意味

オーガニックとは、「農薬や化学肥料を使わずに野菜を育てる方法」

また、「自然環境を守り、自分たちも自然体で暮らす」という考え方のことです。

様々な場面でよく耳にするようになった言葉ですよね。

もともと有機栽培の事を指すので、野菜などの食品に対して使われている言葉でしたが、最近ではコスメ、はたまた住居や音楽にまで使われる言葉になりました。

栽培方法以外にもオーガニックには「あるがままのナチュラルな生活を目指す」という考え方やそういった行動を言う場合もあります。

オーガニックなものを選ぶことは、太陽や水・生物などの自然の力に頼り、自然のあるがままの食物連鎖をめざすということでもあるのです。

実際のオーガニックはどういうもの?

オーガニックと聞くと”体によさそう”なイメージや”農薬をまったく使っていない”ものを想像する人が多いと思いますが、必ずしもそうとは言い切れません。

日本にはオーガニックを認定するための「有機JAS規格」というものがあります。

そしてそれを満たしているものだけが「有機JASマーク」という認定証をもらってはじめてオーガニックを名乗れるのです。

この規格では、

  • 化学肥料を使ってはいけないこと
  • 遺伝子組み換えの種を使うことを禁止する

などの規約がありますが、人体への影響が少ないことなどから使うことを許されている農薬があります。

そのため、化学肥料は使っていないが農薬は使ったということもありえるので、オーガニック食品のすべてが絶対に無農薬ではないということです。

オーガニックのほうが栄養価が高い?

オーガニックの野菜は栄養価が高いと言われることがあります。

しかしミネラルなどの成分に若干の違いがあれど、だいたいの成分や栄養価は一般のものとあまり変わらないと言われています。

しいて違いを上げるなら、味の濃さでしょうか。

オーガニックのものは自然の力に頼って作られているために味がよく、「自然の味がする」なんて言われますね。

そのコスメ、本当にオーガニックですか?

先に述べたように、食品に関してオーガニックを名乗るには結構審査が厳しいのですが、コスメはそうでもないのです。

日本ではオーガニックコスメの明確な定義がないため、オーガニック成分が一つでも入っていたら「オーガニックコスメ」を名乗れてしまうのです。

つまり、99%が化学的なものを使っていても、1%オーガニックの成分を含んだらオーガニックコスメと言えてしまうのです。

もしかすると、今あなたが使っているオーガニックコスメは全然オーガニックじゃないかもしれません。

また、オーガニックは”肌に良い”と思われがちですが、実はアレルギーの可能性があるものや、刺激が強いものもあるため、肌が弱い人は注意が必要です。

使い方(用例)

オーガニック思考は広がりを見せている。

・普通のにんじんは食べないのにオーガニックのにんじんは食べる子供もいるらしい。

オーガニックを取り入れることは、ロハス志向だともいえる。

オーガニック野菜にこだわっている銀座のレストランでランチをした。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク