オノマトペの意味とは

オノマトペの意味

オノマトペとは、「擬態語や擬声語」のことです。

“胸がキュンキュンする”、”雨がパラパラ降る”、”猫がにゃーと鳴く”など、私たちは毎日たくさんのオノマトペを使って会話をしていますね。

このように

  • キュンキュンやパラパラなど実際に音はないけど、状態を表すものを「擬態語」
  • にゃーなど実際の音を真似て書いたものを「擬声語」

と呼びます。

オノマトペはもともとフランス語で、「擬態語」や「擬声語」をひとまとめにした呼び方ですが、決まった日本語の訳がなく、人によっては「声喩(せいゆ)」や「写音法」などと言う人もいるようです。

大きな意味で「擬音」ととらえておいて間違いないでしょう。

オノマトペは日本語のへそ

日本語は特にオノマトペが多い言語で、その数はなんと5000種類以上と言われています。

英語だと1000種類ほどでフランス語だと600種類ほどとされているので、かなり多いですよね。

「日本語のへそ」と呼ばれるほど、会話でも必要不可欠な存在です。

どうして日本語はオノマトペがたくさんあるの?

なぜ日本人がオノマトペを多用しているかというと、日本語は音節がとても少ないからなのです。

音節とは、母音である「あいうえお」や、母音に子音を付けた「かきくけこ」などの音のまとまりのことです。

英語では最低でも3万は音節があるのに対して、日本語は112しかありません。

少ない音節では、作れる言葉も限られてしまいますよね。

また日本語は動詞や形容詞が少ない言語であるため、状態を説明するためにオノマトペが発達したと言われています。

使い方(用例)

ごろーんがオノマトペ

・”がやがや”は騒がしい場所の音を真似たオノマトペだ。

オノマトペは日本人の会話になくてはならない存在だ。

・森鴎外など、文豪の中にはオノマトペを嫌っていた人もいる。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク