にわかの意味とは

にわかの意味

にわかとは、「一時的なさま」「ものごとが突然起こること」です。

急に降りだす一時的な雨のことを「にわか雨」と言いますよね。

ほかにも「にわかに納得できない」のように「すぐに、突然」という意味で使うこともあります。

「にわか」をつかった単語はかなり多く存在しており、日常的に使うことも多いですね。

ネット用語としての「にわか」

ネット上では「にわかファン」という言葉をよく見かけます。

にわかファンは「(ブームが起きて知名度が上がった時に)突然現れたファン」のことです。

広島カープを応援する〈カープ女子〉が話題になった時に、タレントの加藤紗里さんが「カープ女子」を名乗ったことで「にわかファン」と叩かれたのが記憶に新しいですね。

よく知らないことでもブームになっていたらファンを名乗ることから「偽物のファン」と解釈されることも多く、いい意味で使われる言葉ではありません。

どうしてにわかは嫌われる?

ファンの表現は大きく分けて3つあり、新しくファンになった人を「新規」、昔から好きだったファンを「古参・古株」、そして一時的なファンや盛り上がっているときだけファンを名乗る人を「にわか」と呼びます。

ファンになりたての頃は新規とにわかの区別はつきにくく、本当に好きになった新規のファンまで叩かれてしまうこともあり、その点で見ても、にわかはなかなか厄介な存在です。

にわかが嫌われる理由は、やはりその《気持ちの薄っぺらさ》にあるのでしょう。

長く応援しているファンが偉いと言うわけではありませんし、そんなことは絶対ないと思いますが、突然出てきたにわかファンに「私も好きなの!同じだね!」と言われたらいやな気持がするのもわかります。

にわかファンの中でも多いのが【顔ファン】。

特に、売れてきたバンドなどにつくことが多く、彼らの音楽を本当に好きなファンからすると非常に残念なことですよね。

使い方(用例)

にわかファンは結構迷惑な存在とされている。

・そんなこと言われても、にわかには信じがたい。

・音楽番組に出ると、にわかの顔ファンがいっぱいつきそうで嫌だなぁ。

にわかか本当のファンかなんて振る舞い見てたらすぐわかるよ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク