ナイーブとは

ナイーブの意味

ナイーブとは、「純真で繊細な様子」また「世間知らずで未熟な様子」のこと。

日本人が会話の中でよく使うのは、前者の意味ですね。

「彼女はナイーブだよ」のように、繊細で傷つきやすい人や感受性が豊かな人の事を指します。

日本ではネガティブなイメージで使うこともありますが、どちらかというと、か弱くて守ってあげたくなるような良いイメージではないでしょうか。

しかし英語では、よくない意味で使われる言葉でもあります。

語源・由来

ナイーブの語源はフランス語のnaifからきています。

もともと「生まれたままの」という意味で使うこともありますが、「世間知らず」や「鈍感」という意味で使う場合もあります。

注意が必要!英語のnaive

日本やフランスの場合はいい意味で使うことがほとんどですが、英語の場合は比較的よくない意味で使われることが多いです。

長所と短所は紙一重みたいなことだと思えばイメージしやすいかと思います。

「繊細な人」と伝えたいときには、日本語ならナイーブで十分ですが、英語の場合は「sensitive(繊細な)」や「innocent(純真な)」を使ったほうが誤解がありません。

英語圏の人に「彼女はナイーブだよ」というと「彼女は世間知らずだよ」ととらえられてしまいます。

うっかり日本語感覚で使わないように気を付けましょう。

使い方(用例)

ナイーブな女性

・子供はみんなナイーブだ。

・他人の家庭事情はかなりナイーブな話題だから首突っ込むなよ。

・彼女はナイーブなのでよく騙される。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク