モラルの意味とは

モラルの意味

モラルとは、「道徳・倫理」のことです。

ニュースなどでたびたび「モラルの低下」が取りあげられていますよね。

道徳や倫理は、「人として守るべき行い」のことを指します。

社会生活での「いいこと、悪いこと」を判断する基準になるものがモラルです。

たとえば、道を歩いていて人と肩がぶつかったのに謝らない人は「モラルのない人」と言われたりします。

「思いやり」と言い換えてもいいかもしれませんね。

なお、モラルが欠如している状態の事を「モラルハザード」と言います。

ルール・マナー・モラル

モラル以外にも「社会で守らなきゃいけないこと」ってありますよね。

特に「ルール」と「マナー」は日常的によく聞くと思います。

ルールは「守らなくてはいけないもの」で場合によっては法律が絡むこともあるため、ちょっと違いますが、マナーとモラルは何となく似ていて混同している人も多いのではないでしょうか。

マナーとは

マナーは、「礼儀作法」のことです。

たとえば、電車内で電話をすることはマナー違反だとされています。

これはなぜかというと、他のお客さんに迷惑がかかるからですよね。

マナーは常識に基づいて作られているものです。

社会的に「こうするのが常識だ」と認識されている〈暗黙の了解を守ること〉がマナーを守ることです。

モラルとマナーの違い

一方、モラルは一個人の考え方に任せられるものです。

自分の今までの体験などから作られるもので、育ってきた環境などに左右されます。

たとえば、お年寄りや妊婦さんに席を譲るのはマナーではありませんが、モラルのある行動です。

マナーとモラルは通じるところもありますが、マナーは《社会の考え方》、モラルは《個人の価値観から生まれるもの》と考えるとわかりやすいと思います。

使い方(用例)

モラルのある行動してますか?

・飲食店での子連れ客によるモラルのない行動が問題になっている。

・ポイ捨てされてるごみを無視するのは私のモラルに反する。

モラルが低下しているのは、心の余裕がないことも原因だと思う。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク