モラハラの意味とは

モラハラの意味

モラハラとは、「暴言や無視など、ある人に対してだけ行われる言葉や態度の暴力」のこと。

モラルハラスメントの略です。

モラルとは、倫理・道徳のことで、ハラスメントは人が嫌がることをすることです。

軽い嫌がらせを想像して、なんとなく人の事を傷つける行為なのかな?と認識している人も多いのではないかと思います。

しかし実際は非常に重く大変な問題で【精神的DV】や【精神の殺人】という言い方もされるのです。

実際はどんな感じ?

初めは優しかった人がある日突然別人のように豹変して、”お前みたいなダメなやつが”、”こんなこともできないのか”と怒ったり蔑むことが続いたら、モラハラを疑ったほうがいいでしょう。

モラハラは一対一の関係で起こります。

職場ではターゲットになった人の悪口を流したり、夫婦では子供とばかり話して配偶者を無視をしたり、近所の人に「加害者はいい旦那さん(奥さん)」と思わせて味方につけたりして外堀を埋めていき、無理やり孤立されられるケースが多くあります。

そして誰にも相談できないうちに人格否定や罵倒を毎日され、”自分はダメな人間だ”と洗脳されてしまうのです。

厄介なのは、加害者は普段は外面がよく魅力的な人であることが多い上に、パワハラと違って暴力をふるうことがほとんどなく、傷や証拠が残りづらいため、なかなか解決できないという点です。

どんなことに注意したらいい?

たとえば、相手が怒っているとき、自分が全部悪いんだと思ったり争いを避けるためにぐっと耐えてしまう人はターゲットになりやすいです。

モラハラの加害者は、自分がすごく偉い人間だと思いたいがために《奴隷》がほしいのです。

そのため、夫婦や職場の同僚のように簡単には逃げられない上に理不尽な態度をとっても反撃されない環境にいる人を標的に選びます。

少しずつ相手を洗脳して支配していくため、自分がモラハラされていると気づかない被害者も多いです。

自分に対して不当な暴言や態度が増えてきたなと感じたら、されたことをメモしたり、日記をつけるなどして証拠を残しておくと、助けを求めやすくなります。

トラウマティック・ボンディング

またモラハラをしてくる人は、いつも不機嫌に怒鳴り散らすわけではなく、絶妙なポイントで優しく接したり、ねぎらうような態度を見せてきます。

それが被害者に『自分が余計なことをしなければ、この人は優しくしてくれる』と思わせ、日ごろのひどい態度を自分に対する愛情だとごちゃまぜにして考えてしまいます。

こうして加害者に対して愛情に近い感情を持ってしまう、特殊な心理状態の事を「トラウマティック・ボンディング」と言います。

使い方(用例)

モラハラは精神の殺人。

・田中さんが退職したのは上司からのモラハラが原因だったらしい。

モラハラで決断力を奪い取られる前に逃げたほうがいい。

・圧迫面接もモラハラだと言えると思う。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク