ミニマムの意味とは

ミニマムの意味

ミニマムとは、

  1. 最小
  2. 最小限
  3. [数学]極小、極小の値

です。

 2017年のWBO世界ミニマム級王者は福原辰弥選手です。

ボクシングは体格が試合結果に及ぼす影響の大きいスポーツなので、体重によって戦う相手を分けます。

男子で47kg以下の最も軽い階級をミニマム級と言います。

このように、ミニマムには〈最小〉という意味があります。

数式の「min」

数式の中でminは、

 min(1,2)

などと使われて、

( )のうちのより小さい方を意味します。

ここでは2と1を比べてより小さい「1」を意味します。

最小限のミニマムメイク

限られた化粧品を使って女性の魅力を引き出すメイクを「ミニマムメイク」と言い、最近のトレンドにもなっています。

女性のフルメイクはたくさんのアイテムを使いますが、ミニマムメイクはチークとリップのみで仕上げるなど、削ぎ落すことによる洗練がテーマ。

ミニマムメイクのように、ミニマムには〈最小限〉という意味があります。

ミニマムとミニマルの違い

数年前に「ミニマリスト」という言葉が流行しました。

住む場所・衣類・資産などについて〈最低限必要なものに囲まれて暮らす生き方〉をさしています。

ミニマリストの語源であるミニマルは、ミニマムとの区別がつきにくい言葉です。

英語の[minimal]と[minimum]を比べても、ほとんど意味に違いはありません。

質を大切に考えるミニマルライフ

クローゼットを例に考えてみましょう。

ミニマリストのクローゼットは、「最小限」ですから、ワゴンセールで買った服が、ボトム3着、トップス5着。そんな寂しいクローゼットでしょうか。

いいえ、違います。

出来るだけ安い服を、洗い替えを考えた最低限の枚数……という意味ではありません。それはどちらかといえば、ミニマムの概念です。

最低賃金や、生きるのに必要な摂取量などはminimumを使って表現されます。

ミニマムには、「かろうじて」というニュアンスがふくまれることが多いのです。

これに比べてミニマルなクローゼットの持ち主は、心地よい毎日を送るために必要な、お気に入りのワードローブを大事に着る―――そんなイメージです。

枚数も、個人によって違っていいです。心地よい暮らしに十分な量は人によって違うのです。

とにかく捨てて、少ない物質量を保つことがミニマリストではありません。

『フランス人は10着しか服を持たない』という本が流行していますが、あれこそ、ミニマルなクローゼットです。

ミニマルはミニマムと比べて、質が重視される概念なのです。

使い方(用例)

ミニマムなアリの暮らし

ミニマムメイクの利点は、全体にシンプルな分、手をかけたパーツが際立って見えることだ。しかも、メイク時間も化粧品コストもミニマムだ。

・駐車スペースなどを考慮すると、都内ではミニマムなコンパクトカーを愛用するのも手だ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク