JKの流行語・卍の意味とは

卍の読み方

まんじ

卍の意味

卍(まんじ)とは、主に女子高生の間で流行している言葉の一つです。

卍は、2016年にめざましテレビのココ調で放送された「女子高生流行語大賞」で1位を獲得した言葉ですが、実はこれといって決められた意味がありません。

使い方は本当に多様!

女子高生たちは主に

・写真を撮るときの掛け声

・やんちゃな人や不良に対して「あいつ卍」と表現

・特に意味はないが、テンションが上がった時

に使うようです。

女子高生以外にも若者の間で使われていて、ヤンキー、リア充、一般人など使う人によって解釈が違ってくる言葉でもあります。

人によっては、「まじ」の代わりに使ったり、強気な状態を表すときに使ったりするようです。

意味がはっきり決められていないだけに、どんどん広がりを見せているようですね。

2017年も、人気モデルの藤田ニコルさんがテレビ番組で「まじ卍」と発言したことから流行は続くかもしれません。

もはや卍になりたい。

最近卍が使われるのは、文面や言葉だけではないんです。

両腕をクロスさせたり、全身を使って卍の形をつくる「卍ポーズ」をする人が増えています。

集合写真でやってみたら、一体感が出て楽しさが倍増しそうですよね。

言葉の意味だけでなく、ポージングにもいろいろな方法があって奥が深いです。

語源・由来

卍はもともと、寺院を示す地図記号ですが、2012年ごろツイッターで「三└(┐卍^o^)卍ドゥルルルルルルル」という顔文字が使われはじめ、10代の間ではVine6秒動画で大関れいかさんが使ったことで急速に広まりました。

「三└(┐卍^o^)卍ドゥルルルルルルル」は、手を高速回転させながら前へ進んでいる様子。

何かに熱中しているとき、または暴走しているときに使う顔文字です。

使い方(用例)

卍~と叫びながらダイブしている女子高生

・「写真撮るよ!」「卍~!」

・「今日のテストかなり卍だわ」

・「あ~まじ卍」

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク