ラグジュアリーの意味とは

ラグジュアリーの意味

ラグジュアリー(luxury)とは、「贅沢なさま・豪華なさま」のことです。

雑誌やテレビで「ラグジュアリーホテル」や、「ラグジュアリーファッション」などの特集を目にする機会が増えたように思います。

日本人は贅沢と聞くとなぜか皮肉っぽい態度をとってしまうところがありますが、ラグジュアリーという言葉にはそういった後ろ向きなイメージは含まれません。

さまざまなラグジュアリー

ラグジュアリーホテルは、明確な定義はありませんが、豪華で高級なホテルのことです。

「ペニンシュラ」「リッツ・カールトン」や、御三家と呼ばれる「帝国ホテル」「ホテルオークラ」「ホテルニューオータニ」も含まれます。

ファッション業界では、ちょっと高級だけど頑張れば手が届くブランドを「アクセシブルラグジュアリー」と言い、『COACH』はその代表的なブランドです。

また、オーバーサイズやモノトーンを特徴としたストリート系ファッションに、ラグジュアリーな雰囲気を取り入れた”ラグジュアリーストリート”と言われるものが2014年頃から流行しています。

もはやラグジュアリー=贅沢ではない?

最近は言葉自体の捉え方も変わってきていて、ただ豪華・高級という意味ではなくなってきたようです。

人によってはラグジュアリーとは「体験を買うこと」と言い、また「個性の尊重」と言う人もいます。

高級なものを買うというよりは、自分にとって重要な価値観を磨くことや、身になるものを得ることのほうが贅沢だという考え方です。

これは、現代の贅沢が、ただお金を払って贅沢することを指すだけのものではなくなってきたことが要因だとされています。

使い方(用例)

ラグジュアリーな食材

ラグジュアリーな雰囲気の店だな。

・食材にもこだわっていて、金粉までかかっているラグジュアリーなお菓子を食べた。

ラグジュアリーホテルに泊まって贅沢三昧するのが夢だ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク