リテラシーの意味

リテラシーの意味

リテラシーとは、

何かを使いこなせる能力のこと。

さらに簡潔に言うと「使いこなす力」です。

「ネットリテラシー」のように、語尾に○○リテラシーとつけて使われることが多いです。

また、リテラシーとは本来「文字の読み書き能力」という意味もあります。

日本ではその能力のことを識字(しきじ)といいます。

現在はどちらかというと、「文字の読み書き能力」よりも「使いこなす力」という意味で、リテラシーを用いることが多くなっています。

リテラシーの詳しい解説

具体的にひとつ例をあげますが、

最近よく耳にする「情報リテラシー」は「情報を使いこなす能力」のことです。

ここでいう「使いこなす能力」とは、

テレビや雑誌、インターネット、SNSなどから発信される、膨大な量の情報のなかから、

  • 必要なものを探し出す
  • 本当に正しい情報なのか判断・選択する
  • 活用する

これらの力のことをいいます。

最近は特に、ネットやSNSから様々な情報を取得することができます。

ですが、非常に便利な反面、内容が間違っていたり、なかにはわざと嘘の内容を書き込みしている場合があったりと、信用できない情報が山のようにあるのも実情です。

騙されて痛い目にあったという人も多いのではないでしょうか。

そのなかで、信頼性が高いサイトだけ信用したり、話を鵜呑みにせず他のサイトやメディアでも調べたりする人が、情報リテラシーが高い人といえます。

様々な○○リテラシー

リテラシーの高い女性

・メディアリテラシー

・ネットリテラシー

・コンピューターリテラシー

・ヘルスリテラシー

・金融リテラシー

・科学リテラシー

・環境リテラシー

など様々な○○リテラシーがあります。

今後も各分野・領域ごとにますます増えていくでしょう。

意味ナビmemo

英語では「literacy」とつづります。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク