及第点とは

読み方

きゅうだいてん

意味

及第点とは、

・試験に合格するために必要な点数

・合格ラインや合格ぎりぎりの点数

という意味です。

「及第」とは試験や審査に合格するという意味があります。

ですので、「及第点」は試験や審査に合格するための点数、いわゆる「合格点」ということになります。

また、「あなたの働きは及第点です」のように、働きぶりなどの評価として用いる場合もあります。

及第点には「合格ぎりぎりの点数」という意味もあり、

・100点ではなく60点

・ベストではないが、まずまず

・可もなく不可もなく

といった評価をする場合に用いられます。

一方で、

・一定の基準を満たしている

と評価する場合に使うこともあるので、

良い意味でとるか悪い意味でとるかは、その状況や受け取り側次第となります。

なお、日ごろ頻繁に使う言葉ではないかもしれませんが、スポーツ記事の見出しなどでよく目にしますね。

特に海外のサッカー選手や野球選手に対する評価としてしばしば使われます。

例えば、

「伊紙、今季初先発の本田に及第点以上の評価」

「米メディア、田中2失点の投球に及第点」

といった感じです。

ちなみに、及第点の反対の言葉は「落第点」です。

使い方(用例)

及第点のテスト用紙を見る女子

・今回のテストの及第点は60点以上です。

・急な納期前倒しがあったが及第点の仕上がりだ。

・及第点の働きで満足しているようでは真のビジネスマンではない。

意味ナビmemo

「及第点」と同じ意味として「次第点(しだいてん)」という言葉を間違えて使う人がいるようです。

なぜか結構浸透してしまっているのですが、次第点という言葉は存在しませんのでご注意下さい。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク